こんばんは。

七尾線に残る国鉄形電車413系・415系が、来年には521系に置き換えられるとのこと。
413系には、サハ455形改のクハ455形700番台が
組み込まれている編成が2本存在するとのことで「最後の急行形電車」が
未だ残っていたとは、正直知りませんでした。

画像は、大阪~金沢間の475系急行「ゆのくに」。湖西線開業後も
昼行では米原経由で残った列車でした(57・11ダイヤ改正で廃止)
昭和50年代には、すっかり特急街道と化した北陸本線にあって
本数は少なくなっても「立山」と共に、独自の大型ヘッドマークを翳しつつ
存在感を示していた、といまになっても思います
(晩年は「くずりゅう」と同じ小型マーク)。

EPSON474 - コピー

EPSON473 - コピー
                                 大阪 1978(昭和53)年3月