こんばんは。

開通90周年を迎えたばかりの、東武日光線。
ここも台風19号の被害によって、栗橋~栃木及び新鹿沼~下今市間が不通となっています。

このうち前者は19日に運転再開とのことですが、後者は北鹿沼~板荷間の路盤崩落で
復旧の見通しは立っていないようです。

特急スペーシアなど共に、同線で運用される
かつては快速専用車、いまは南栗橋以北の急行・ローカル運用に就く
6050系。11月中旬から4月中旬まで、一部編成では
装着された霜取りパンタグラフとの”ダブルパンタ”で運用されています。

ダブルパンタで快走する季節を迎える頃、日光線全線が復旧されることを願うものです。
画像は現在不通となっている区間内、下小代~板荷間にて。

  6174F他 急行南栗橋行き
CSC_0022 - コピー


   6175F他 普通新栃木行き
CSC_0047 - コピー


   野岩鉄道保有61102F他 区間急行南栗橋行き
CSC_0054 - コピー

                               以上 2019(平成31)年4月

追記:日光線開通90周年の一環で、前身の6000系当時のカラーを再現した
ラッピング編成が1本出るとのこと・・・大変な時ではありますが、予定通りの登場を
東武さんには期待しております・・・