2015(平成27)年秋、品川で顔を合わせた京成3050形3051Fと
京急新1000形1137F。

2010(平成22)年、成田空港「アクセス特急」としてデビューした3050形。
航空機をデザインした、スマートな(私見ですが)青帯を纏った同形は
今年登場した3100形に合わせ、オレンジ帯に変更。
但し第一編成の3051Fのみは、アクセス特急の任を外れ京成本線系統に
転用され、一般の3000形と同じ帯にこの程変更されたとのことです。

DSC_0597 - コピー

一方、9月に発生した神奈川新町での踏切事故に遭遇した1000形1137F。
横転大破してしまった先頭車を含め、いまも新町の車庫に置かれているのでしょうか。

共に2010(平成22)年に就役。10年近く、それぞれの任務で快走してきた両者
2010年代も終り近く、予期せぬことも含め全く異なる理由ながらも
それぞれに”転機”が。