ウイルスに振り回された2月も終わり、と言っても先行き不透明な日々
来月の終り頃はどのような世の中の動きになるのか、想像つきかねますが・・・

特急「踊り子」にも変化が訪れる、ダイヤ改正まであと2週間
”いま”しか記録できない、それぞれの「踊り子」たちを
来た順ではなく、「年代順」に。

185系「踊り子」
CSC_0388 - コピー

251系「スーパービュー踊り子」
CSC_0354 - コピー

E259系「マリンエクスプレス踊り子」
CSC_0366 - コピー

E261系「サフィール踊り子」(試運転)
CSC_0407 - コピー

あとは、E257系が居れば完璧だったのですが。

もう周知のように、251系は今改正ですっぱり引退となるでしょうし
特に告知を聞きませんが、E259系は元の成田エクスプレスの一員に
帰ることとなりましょう(折角のN‘EX増強も、インバウンド大幅減で
苦戦を強いられるのかも知れませんが)。

愛称名も使用車両もいわばブーイングの嵐のような中で登場した、特急「踊り子」も
来年で運行開始40年、振り返れば185系や251系だけでなく
「あまぎ」から引き継いだ183系、牽引機にEF58 61号機まで駆り出された14系客車の臨時に
「サロンエクスプレス踊り子」やスロ81系の「お座敷踊り子」
そして伊豆急車の「リゾート踊り子」など
様々な彩りを時代折々に添えてきた列車でもあったと、今更ながらに思い出します。

逆風の世にデビューするかたちとなる、新しい「踊り子」たちは
どのような歴史を造って行くのでしょうか。