阪神電車といえば、本線優等列車は「赤胴車」でした。
その赤胴車カラーも、塗装変更やステンレス車の進出で
いまでは武庫川線に残る7861・7961形と
7890・7990形のみとなり、間もなく後継車の導入で姿を消すとのことで・・・。

ヘッドマークもついた、7861形<7861>の特急(須磨浦公園行き)。
img046 - コピー



こちらは、普通車専用の加減速性能に優れた「ジェットカー」5001形電車。
普通車は「青胴車」ですね。画像の5009含め、現時点では同形は全車健在の様子。
この塗分けも、3年後までにはステンレスの新車に置換で姿を消すそうです。
img045 - コピー

                         以上 (大阪)梅田にて 1982(昭和57)年

いまの阪神本線は、山陽電鉄や近鉄からの乗り入れもあって
百花繚乱の様相かと思いますが
優等は赤、普通は青と単純に区別できていた時代が懐かしく思います。