1981(昭和56)年頃、東武東上線・川越駅を発車する
7800系電車池袋行きです。
EPSON579 - コピー


EPSON580 - コピー

当時東上線では、7300系+7800系の6連が多かった記憶がありますが
この列車は7800系のみの8連。当時運用などは全く判らなかったので
常時見られたかどうかははっきりしませんが・・・。
いまから思えば、この系列が池袋まで顔を出していた末期の頃ではありました。
1983(昭和58)年就役のステンレスの10000系と交代で
7800系は姿を消した(5000系列への車体更新)かと思いますが、殆ど騒がれることなく
いつしか居なくなっていた印象です。



こちらは8000系電車の準急の池袋行き。
EPSON026 - コピー


EPSON027 - コピー

私鉄の103系と呼ばれた8000系、この当時の東上線では
文字通り主役でした。
現在動態保存の8111Fに施されている、セイジクリームの塗装の
全盛期でもありましたが、当時は物足りなく感じたものでした。

いまでは巨大な橋上駅舎となった川越駅、この頃は国鉄川越線と共同使用駅で
小さな木造駅舎でした。
3枚目の画像の8000系の背後には、旧塗装時期の東武バスの姿も見えます。
「三井銀行」や「ローンズワールド」の看板も時代か・・・(^^;