東急からの乗入が終了して久しく、先般20m車両に統一が完了した
東京メトロ日比谷線に、新駅虎ノ門ヒルズ駅が開業。
東武線からは、座席定員制列車「THライナー」が運行開始しました。

その日比谷線、営団時代の開業から平成初期まで運用された3000系と
東武・東急のいわば「3兄弟」が、北千住駅の嘗ての地平ホームから
南千住へ向けての、高架を駆け上がっていく姿より。
マッコウクジラと呼ばれ少々ユーモラスに感じた営団、おとなしい印象の東武
アメリカンスタイルの東急、3者(社)3様の個性を感じます。
夏の時期で地下鉄自体に冷房が無かった頃、窓が開かれた状態でした。

営団(当時)3000系電車。
画像最後尾の3002号は、3001と共に長野電鉄から里帰りしました。
EPSON175 - コピー

東武2000系電車。
昭和30年代半ばに至っても釣掛を造り続けた、東武通勤車最初の
カルダン駆動車でもありました。
EPSON113 - コピー

東急(先代)7000系電車。
画像最後部のデハ7027は、日比谷線乗入運用撤退後(1000系置換後)
VVVF7700系クハ7914に改造、昨年養老鉄道へ移籍したとのことです。
間接的ながら、東武と近鉄 ”東西2大長距離私鉄” の車両と
顔を合わせたこととなりました。
EPSON111 - コピー

                                    1981(昭和56)年7月