JR東日本が、京浜東北線のワンマン化を検討しているようです。
https://www.sankei.com/economy/news/200627/ecn2006270021-n1.html

都心での10両編成級のワンマン列車は、路線環境は異なりますが
既に東京メトロ副都心線で実施されていますので、目新しいことでは
ないですが、これを機に首都圏JR私鉄問わず多くの主要路線で
ワンマン化の波が押し寄せるのかも知れません。


DSC_0232 - コピー
                                 横浜 2014(平成26)年6月

これに伴って、車両の入替が2024(令和6)年度から行われるようです(E235系?)。
ワンマン化は車両が出揃ってから?になるのかどうか・・・技術面や運用面など
どのような扱いがされていくのか、気になるところです。
記事には京浜東北線としか書かれておりませんが、一体運行されている
根岸線区間も同様、と考えて良いでしょうか。

DSC_0010 - コピー
                                 山手 2013(平成25)年5月

209系から現在のE233系に交代して、ちょうど10年。早い、と思いつつも
前任者も京浜東北・根岸線での運用は、試作車も含め20年弱
長く運用された103系も、途中でATCや冷房化などでかなり車両は
入れ替わっているはずなので、(例外的存在となった101系や205系を除けば)
周期的には同じくらいになるかと思います。

DSC_0229 - コピー
                                 関内 2013(平成25)年6月

昨今の社会情勢、そして技術の進歩・・・4年後、さらには7~8年後
生活や仕事の考え方や環境はどう変化、或いは激変しているのだろうか、と
今回のニュースから、拙い頭で改めて考えるところです。