DSCN0051 - コピー


京急、ではなく「京浜急行の1000形」と言えば
いまでも”初代”のことを指すのかも知れません。今でも京急の代名詞として
語られることも多いように感じます。
その初代1000形(旧1000形)が営業運転から引退したのは、ちょうど10年前の
6月28日でした。試作車として製作された、旧800形から数えると52年の歴史を
閉じたことになります(実際には牽引車として、2両1編成が翌年まで車籍を有していた)。



DSCN0141

DSCN0126

DSCN0110

DSCN0025 - コピー
                             (※通行可能時の構内踏切より撮影)

前日の6月27日には、金沢文庫~京急久里浜間で「さよなら運転」が行われたそうですが
実際の営業運行は、翌28日の大師線が最後でした
6月に入ってから、本線の普通列車も残っていましたが
大師線ではお別れのヘッドマークを掲げつつ、静かに往復する姿がありました。