ワンマン運転化が話題となる、京浜東北線の国鉄時代の103系
40年ほど前、ATC化間近な頃に南浦和・大宮方のクモハ103形が
先頭に立つ最後の頃の画です。
既に横浜・大船方は、ATC準備の高運転台クハが先頭に立ち
両端高運の10両固定編成(浦和配属)も多くなっていた時期です。

後年多くの路線に転配されましたが、元々下十条電車区構内の検修線の関係で
10両固定が当初組めなかった、いわば京浜東北線向けに誕生したのがクモハ103形でした。

品川駅に停車中の磯子行き。
keihin-1 - コピー
                                          

南浦和で折り返す。運転台下の通風口が塞がれていない、いわば原形の表情。
keihin  EPSON004 (3) - コピー


少数ながら冷房改造車も存在。鶴見にて大宮行き。
keihin img492 - コピー (2)


新子安を発車する、大船行き。
keihin EPSON249 (2) - コピー

1981(昭和56)年のATC化によって7+3分割編成を6+4に組み替え
低運のクモハ・クハは全て中間に封じ込められました。JR移行後、同線の
103系末期の頃まで、少数健在ではなかったかと記憶します。