以前のブログでも掲載したものですが、ちょうど40年前となった
1981(昭和56)年正月、最初で最後の出会いであった
大糸線の旧形(戦前形)国電より。

前ブログ以来懇意にして頂いている、ショッポーさんにご教示頂いた
<クモハ54109>を先頭に、松本駅へ入線する大糸線列車です。
EPSON522

南小谷方の最後部、こちらも教えて頂いたサハ57改<クハ55 432>。
背後には山スカ115系の姿があります。
EPSON523

当時の彼等、おおよそ車齢40年位(もう少し上かな)だったと思います。
特に意味はないのですが、こんにち迄ほぼ同じ年月が流れたと思うと
何か感慨深いような思いにかられます。