旧ブログ記事の加筆再掲ですが、日付に因みまして・・・

キハ40系列の片運転台仕様であるキハ48形、北海道向けだった300番台です。
電化前の札沼(学園都市)線、札幌~石狩当別・北海道医療大学前間で運用されて
いた当時の姿です。

DSCN0047

後ろ2両は、51形客車から改造のキハ141形でした。
画像右端は、電化工事で建ち始めた架線柱と思われます。

DSCN0048
                             以上 拓北~篠路間にて 2010年3月

写真のキハ48 303、そして最後尾のキハ141-9共に
電化後は廃車となり、ミャンマーへ渡りました。
今頃は、昨日の記事にした旧キハ47 3などを含めた
JR他社から来たキハ40系列とも、顔を合わせているでしょうか。


札沼線といえば、北海道医療大学~新十津川間の廃止が来月に迫りました。
もう一度雪の無い時期に行きたかったですが、叶わず。
今後週末には増便や、さらに最終日間際には全車指定席で運行されるとのことですが
この時勢で、どのような終幕となるでしょう・・・。