Silence Express

ご訪問有難うございます。 1978年以降、何度かのブランクはありますが 撮り溜めてきた主に鉄道画像をアップしていきます。 旧ブログ(Yahoo!より移転)http://moonexpress.blog.jp/ 旧ブログの画像・記事を再掲・別使用することがあります。

キハ181系

引退から10年 キハ181系「はまかぜ」(2010年10月)

国内でのキハ181系が定期運用を終えてから、早いもので間もなく10年。
引退間近の頃、最後の砦となった特急「はまかぜ」で活躍を続ける姿より。

終着大阪も間近。
DSCN01083 - コピー
                                          塚本にて

列車線を快走する 
DSCN01611 - コピー
                     
DSCN01621 - コピー
                             垂水にて  2010(平成22)年10月




 




「中村駅」に憩う気動車群 <中村線全通から半世紀>

高知県西部、現在は土佐くろしお鉄道中村線となった
国鉄(→JR四国)中村線(窪川~中村)が全通したのは
1970(昭和45)年10月1日。経営体が2回変わりましたが、全通から半世紀を迎えました。
実質は土讃線(旧:土讃本線)の延長区間、線名が別だったこともあったか
国鉄再建法、第3次対象特定地方交通線の対象路線のひとつに
数えられることとなりました。

以前のブログでも載せたものですが、全通から5年後の1975(昭和50)年夏
小学生の頃四国帰省の折、高知へ遊びに行った際に終着・中村駅で撮れた1枚です。
nakamura EPSON020 (2) - コピー - コピー

当時のクイーン、キハ181系特急「南風」に
白地ヘッドマーク当時のキハ28・58系急行「あしずり」、そしてDE10を挟んで
キハ26or55形と、いわば「歴代」四国の優等車両が一堂に会した光景でした。

現在は中村から、土佐くろしお鉄道宿毛線として
宿毛まで鉄路が伸び久しくなりましたが、元々の計画(大正時代の鉄道敷設法による)
であった、予讃線・宇和島と繋がることは叶いませんでした。

いつの日か現行の新鋭振り子特急で、半世紀近くぶり?にこの地を訪ね
併せて鉄道未完のルートを辿る日を夢見たいものです。


強馬力コンビ。キハ65&キハ181 (1978年12月)

四国の玄関口、(旧)高松駅の櫛形ホーム
ヘッドマークを掲げた、土讃線急行「土佐」の最後尾には
強力形、キハ65が連結。
予讃線特急「しおかぜ」のキハ181と、強馬力コンビが顔を合わせ
連絡船からの乗り換え客を迎えるべく、待機中。

img480 - コピー
                                   1978(昭和53)年12月


キハ45 45と特急「南風」 (1981年)

日付ネタで、キハ45形です。

EPSON281 - コピー

旧高松駅にて、キハ181系特急「南風」と並ぶキハ45形
車番も45号でした。

この45号、1967(昭和42)年春新製(富士重工)
一旦釧路に配置され、道東にて夏季輸送をこなした後に
高松にやってきたそうです。当時急行形も含め内地向け気動車で、落成後
暫定的に北海道でひと夏働いてから、本来の配置先へ赴くケースが何度かあったそうです。

プロフィール

Sin

ギャラリー
  • 京成3300形<モハ3333> (2012年11月)
  • 京成3300形<モハ3333> (2012年11月)
  • 京成3300形<モハ3333> (2012年11月)
  • 府中電車区のクモハ32000 (1981年3月)
  • 府中電車区のクモハ32000 (1981年3月)
  • 府中電車区のクモハ32000 (1981年3月)
  • 府中電車区のクモハ32000 (1981年3月)
  • 府中電車区のクモハ32000 (1981年3月)
  • 府中電車区のクモハ32000 (1981年3月)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ