Silence Express

ご訪問有難うございます。 1978年以降、何度かのブランクはありますが 撮り溜めてきた主に鉄道画像をアップしていきます。 旧ブログ(Yahoo!より移転)http://moonexpress.blog.jp/ 旧ブログの画像・記事を再掲・別使用することがあります。

キハ40系列

<”宗谷急行色” 復刻決定> キハ400形「サロベツ」(1993年2月)

昨年、JR北海道が記念入場券の企画として実施した
「北の復刻40リクエスト」の結果が発表となり
6種あった装いから、1988(昭和63)年に14系客車編成から置換えられ
2000(平成12)年に特急格上げとなる間、札幌~稚内で運行された
「宗谷急行色」(キハ40・48改キハ400・480形)が最多で選ばれました。
https://www.jrhokkaido.co.jp/kiha40/index.html

大変な状況の中、企画の行方が気になっていましたが
無事に決定で良かったです。1種類1両のみ、で少し寂しくはありますが
無理を言ってはいけませんね。
今秋以降、旭川地区運用のキハ40に施されるとのことです。
今年は無理だと思いますが、来年には一度訪ねてみたいと思うところです。

1993年、上り急行「サロベツ」(旧「天北」→「宗谷4号」)に乗車した際の
キハ400形です。当時は「宗谷」「サロベツ」そして夜行「利尻」に
各々大形ヘッドマークを掲げ、札幌と最北端の地を結びました。
img579 - コピー
                                  稚内 1993(平成5)年2月

高性能エンジンへパワーアップされ、スピードアップを実現しましたが
キハ183と同じシートが、窓割と合わないのがちょっと苦しかったですね(苦笑

可能であれば、このロゴも復活出来れば嬉しいです。
img578 - コピー
デビュー間もなく、天北線廃止で短命に終わった「SOHYA TENPOKU」でも良いかも。



 (原案イラストお借りしました)
large-5de0b46964cb9
                                                          

「宗谷急行」は実際に存在した装いでもあり、”復刻”には一番合っていたと思います。
特急色はちょっと・・・「キハ183風」は、同系の「オホーツク」「大雪」編成で
復刻が叶えば嬉しいですが・・・。



札沼線 北海道医療大学駅 (2016年2月)

新十津川方面の廃止(5月7日以降)で
札沼(学園都市)線の”終着駅”となる北海道医療大学駅。

DSC_0535


国鉄時代の1981(昭和56)年12月、石狩当別~石狩金沢(今回廃止)間に
仮乗降場で「大学前」として開業したとのこと(東日本大学)。
翌年には駅昇格、1995(平成7)年に大学名の改称に伴い現駅名になったとのことです。

新十津川から到着した、石狩当別行きキハ40。
DSC_0531


キハ40と、当駅折り返しの721系電車。
沿線開発と増発が進んだ、いわば”札幌近郊区間”の桑園からこの駅までが
2012(平成24)年に電化されたことで、以北と違いが明確になりました。
この駅が無ければ、石狩当別が終点になっていたことでしょう
DSC_0533

新十津川方 「ほっかいどういりょうだいがく」はもしかして
仮名表記ではJR北海道で一番長い駅名でしょうか(違いましたらすみません)。
DSC_0536



同じくホーム端より新十津川方 先の踏切の位置が電化終端。
これからは、路線そのものの終りに。
DSC_0537


折り返しホームで発車待ちの、札幌行き721系普通列車。
DSC_0541

                            以上 2016(平成28)年2月




キユニ18形連結した気動車普通列車 (1982年3月)

本日4月20日は「郵政記念日」。1871(明治4)年のこの日(旧暦3月1日)に
郵便制度が始まったそうです。

郵便輸送を行っていた国鉄時代、「ユ」の表記の車両は幾多かありましたが
その中からキユニ18形
米子に配属されていた、キハユニ18 2号です。
ホームからこんな写真が撮れました。1982(昭和57)年3月撮影。
img148 - コピー

キハ16→キハユニ18→キユニ18と改造を重ねた車両
僅かに残る「バス窓」にキハ時代の名残でしょうか。。

上の写真を撮ったあと、キユニの着いた編成は転線してホームへ。
旧客に隠れて編成全部が入っていませんが・・・。
山陰本線か、伯備線(当時電化開業前)どちらの普通列車か失念しました。
先頭はキハ28(58)。
img153 - コピー


米子駅を発車する。
先頭からキハ28(58)+キハ26(55)+キハ47+キハ28(58)+キハ26(55)+キユニ18。
現在唯一の現役のキハ47形、新製当初はこんな編成にも組み込まれていました。
左端に見えるのは、「やくも」営業運転開始前の381系電車です。
img155 - コピー
 
画像の2号は僚車1号と共にこの4か月後に廃車となり、キユニ18形は形式消滅しています。

※画像劣化ご容赦ください。

札沼線 <北海道医療大学~新十津川> 終了。




DSC_0309

緊急事態宣言を受ける形で、札沼(学園都市)線・北海道医療大学~新十津川間の
最終運行が前倒しされ、昨17日限りとなりました(正式な廃止は、当初予定の5月7日)。
色々な意味で厳しい条件の中、運行に携われたり沿線で支えて来られた
方々、本当にお疲れ様でした。

このところの情勢の急変で、4月27日が最終日に変更(沿線町民向け)となった
時点で、更なる変更もあり得る旨JRから告知もあったので
今回の件は、やむを得ない決断であったかと思います。

札沼線は第二次世界大戦中にも、不要不急路線として石狩当別~石狩沼田間が
休止になった経緯もあり、時代も状況も全く異なるとはいえ
表現が不適切かも知れませんが、「国策」に振り回される運命が繰り返される
歴史になったかのようです。

石狩当別以北は、1994(平成6)年11月と、2016(平成28)年2月の
2回乗車しました。せめてあと1回、雪の無い時期のキハ40の姿を
目にしたかったですが、日程が合わずいまとなっては後悔しています。

2016年訪問時のスナップより。

DSC_0221


DSC_0238


DSC_0197
                        以上 石狩月形にて              



DSC_0519 - コピー
                                                    5428D(キハ40 402) 



DSC_0492

DSC_0325
                                                                                     以上 新十津川にて
                                                                                                                                                            
1994年訪問記事→1994年晩秋。新十津川駅にて。








札沼(学園都市)線のキハ48(+キハ141)形 (2010年)

旧ブログ記事の加筆再掲ですが、日付に因みまして・・・

キハ40系列の片運転台仕様であるキハ48形、北海道向けだった300番台です。
電化前の札沼(学園都市)線、札幌~石狩当別・北海道医療大学前間で運用されて
いた当時の姿です。

DSCN0047

後ろ2両は、51形客車から改造のキハ141形でした。
画像右端は、電化工事で建ち始めた架線柱と思われます。

DSCN0048
                             以上 拓北~篠路間にて 2010年3月

写真のキハ48 303、そして最後尾のキハ141-9共に
電化後は廃車となり、ミャンマーへ渡りました。
今頃は、昨日の記事にした旧キハ47 3などを含めた
JR他社から来たキハ40系列とも、顔を合わせているでしょうか。


札沼線といえば、北海道医療大学~新十津川間の廃止が来月に迫りました。
もう一度雪の無い時期に行きたかったですが、叶わず。
今後週末には増便や、さらに最終日間際には全車指定席で運行されるとのことですが
この時勢で、どのような終幕となるでしょう・・・。




プロフィール

Sin

ギャラリー
  • 中央東線のクモニ83形800番台 (1981年1月)
  • 西のキハ82形より。(1978年3月)
  • 西のキハ82形より。(1978年3月)
  • 北海道のキハ82より。(1983年3月)
  • 北海道のキハ82より。(1983年3月)
  • 夜の海坊主  <クモユニ81003> (1981年1月)
  • 夜の海坊主  <クモユニ81003> (1981年1月)
  • 国鉄時代のEF81より (1982年)
  • 国鉄時代のEF81より (1982年)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ