Silence Express

ご訪問有難うございます。 1978年以降、何度かのブランクはありますが 撮り溜めてきた主に鉄道画像をアップしていきます。 旧ブログ(Yahoo!より移転)http://moonexpress.blog.jp/ 旧ブログの画像・記事を再掲・別使用することがあります。

ディーゼル機関車

「北斗星」運行終了から5年 






DSC_0787

最後の客車寝台特急だった「北斗星」が運行終了したのは、5年前の
2015(平成27)年8月23日でした(札幌発8/22→上野着8/23)。
同年3月ダイヤ改正以降は週3回の臨時運行、定期だけで3往復あった
最盛期のことを思えば、寂しくなったことは否めなかったでしょうが
最後まで豪華編成を堅持し、終幕を迎えました。

寝台車を含めた”青い客車列車”は、急行「はまなす」が翌春まで残ったので
厳密には完全なる終焉とは言えなかったかも知れませんが、九州特急以来の固定編成による
「ブルートレイン」はその歴史にピリオドを打ったといえるのでしょう。

DD51 1137+DD51 1138号機牽引 下り「北斗星」(1レ)
DSC_0126
                                 植苗 2015(平成27)年3月

EF510-515号機牽引 上り「北斗星」(臨時格下げ後・8008レ)
CSC_0030
                                大宮 2015(平成27)年8月
 

DE10牽引 E235系サロ甲種 (2020年8月)

横須賀線用E235系1000番台、サロE234・235形がJ-TREC横浜で
3編成分6両落成し、逗子から普通車を製造するJ-TREC新津へ輸送されていきました。

久しぶりに、甲種輸送の撮り。だいぶ線路際の草が伸びていましたが(^^;
最近逗子から新鶴見迄は、DD200形が担当することが多いらしいのですが
今回はDE10 1666号機が牽引。1974(昭和49)年製の古強者。
DSC_0879

CSC_0926

DSC_0886

DSC_0887
                                  鎌倉~北鎌倉にて    
                       
ダブルデッカーが、6両纏めて連なると壮観ですね。
215系電車やE26系客車のようにも見えますし、以前ドイツで乗った
快速列車に相当する、ダブルデッカー客車列車Regional Express(RE)を思い出しました。




京浜東北線 E233系出場回送 (2007年8月)

昨日、12年ぶり?に中央線快速用のE233系が
J-TREC横浜から出場したとのことで・・・予備車確保の名目で
転用前提かと思いますが、国鉄の頃201系量産の時期に
103系が少数造られたことを思い出しました(赤羽線・山手線増結用)。

中央線ではありませんが、13年前京浜東北線のE233系1000番台の
第一編成が当時の東急車輛から出場、逗子から浦和へ回送された際の画を。

逗子にて。神武寺からの専用線牽引した、九州出身のDE10 1554号機が
切りはなされたところでした。
DSCN0008



DSCN0014



DSCN0013


DSCN0016



北鎌倉通過。
DSCN0020

                                  2007(平成19)年8月











浜川崎の貨物列車 (1981年)

1981(昭和56)年頃、南武支線・浜川崎を出発する貨物列車より・・・。
一部画像劣化等、ご容赦ください。


ED16 6号機+ホキ(9500?)
奥多摩への返却の石灰石列車。
img205 - コピー


元特急機、EF60 514号機牽引(←一応日付絡み)。
後期形だと、EF65と見分けがつきにくいですね。
img325 - コピー

EF65 1008号機単機。上野口で寝台特急「あけぼの」も牽引していた
宇都宮に配置の初期PF、かなり激務?の様相。
img202 - コピー

DD13 304号機牽引。
次位のホキ以外は全部トキ?でしょうか。
img211 - コピー

貨物列車にも詳しくはないですが、それでも牽く方も牽かれる方も
いま思えば見る限りにおいて、いろいろ楽しめた最後の頃だったでしょうか。

DD54 4号機 (1974年)

小学生の頃、私が最初で最後に見たDD54形ディーゼル機関車。
福知山線の普通列車を牽引して、大阪駅に到着するDD54 4号機です。
偶々親のカメラを借りて撮ったものだったと思います。
DD540002 - コピー
                                                                                                                                   1974(昭和49)年4月
(※画像と実車の色合いが異なるように思いますが、ご容赦ください)


反対側のホームには、当時の大きな駅には必ずあったといっても良い
洗面台も写っていました。その背後には、キロ28形?の姿もあります。

4号機は量産型の最初の番号だそうですね。現在京都鉄道博物館に保存されている
33号機とは運転台の窓周り等が異なるようです。
DD54の経緯はここでは省きますが、短命に終わったのは残念でした。
寝台特急「出雲」のヘッドマークが、最も似合った機関車だったのでしょうね。






プロフィール

Sin

ギャラリー
  • 京成3300形<モハ3333> (2012年11月)
  • 京成3300形<モハ3333> (2012年11月)
  • 京成3300形<モハ3333> (2012年11月)
  • 府中電車区のクモハ32000 (1981年3月)
  • 府中電車区のクモハ32000 (1981年3月)
  • 府中電車区のクモハ32000 (1981年3月)
  • 府中電車区のクモハ32000 (1981年3月)
  • 府中電車区のクモハ32000 (1981年3月)
  • 府中電車区のクモハ32000 (1981年3月)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ