Silence Express

ご訪問有難うございます。 1978年以降、何度かのブランクはありますが 撮り溜めてきた主に鉄道画像をアップしていきます。 旧ブログ(Yahoo!より移転)http://moonexpress.blog.jp/ 旧ブログの画像・記事を再掲・別使用することがあります。

京急大師線

終幕から10年 京急旧1000形 (2010年6月)

DSCN0051 - コピー


京急、ではなく「京浜急行の1000形」と言えば
いまでも”初代”のことを指すのかも知れません。今でも京急の代名詞として
語られることも多いように感じます。
その初代1000形(旧1000形)が営業運転から引退したのは、ちょうど10年前の
6月28日でした。試作車として製作された、旧800形から数えると52年の歴史を
閉じたことになります(実際には牽引車として、2両1編成が翌年まで車籍を有していた)。



DSCN0141

DSCN0126

DSCN0110

DSCN0025 - コピー
                             (※通行可能時の構内踏切より撮影)

前日の6月27日には、金沢文庫~京急久里浜間で「さよなら運転」が行われたそうですが
実際の営業運行は、翌28日の大師線が最後でした
6月に入ってから、本線の普通列車も残っていましたが
大師線ではお別れのヘッドマークを掲げつつ、静かに往復する姿がありました。



京急大師線 12年前の「子年」ヘッドマーク (2008年1月)

前回の子年、2008(平成20)年新年ヘッドマークを付けた
京急大師線の電車です。

当時、旧1000形が未だ健在でした。<1337>
DSCN0189


DSCN0190


既に1500形も、運用されていました。<1505>
行先幕はまだ黒地の時代。このあと白地に変わり、いまはLED表示。
DSCN0187
                 
                                       京急川崎にて

京急大師線 「子」ヘッドマーク (2020年1月)

毎年恒例、川崎大師お膝元で京急発祥の路線である
大師線1500形「干支」ヘッドマーク。

今年は「子」年、一般公募から選ばれたイラスト。
共に可愛らしい画です。



DSC_1018



CSC_1072

1521F&1501F
CSC_0926

1509F&1512F
DSC_0937

1500形トップナンバー 1501F。
DSC_0988

1504F
DSC_0980
                      京急大師線 京急川崎~港町 2020(令和2)年1月


京急”最後の昭和世代”1500形 (2019年5月)

こんばんは。

800形が退いたことで、京急の最古参形式は1985(昭和60)年初年の
1500形に。昭和世代、そして長年続いた赤い車体に細帯塗装の
最後の形式にもなります(最終製作は1993<平成5>年)。

先月、800形撮影の折に神奈川新町で見かけた1501F(1501~1504)です。
普段大師線での運用がメインの同編成、同僚の1509Fと組んで
構内で入換をしていました。

DSC_0984

800形や、昨年引退した2000形の最終製作車よりも先に造られた
同編成を含めた初期製作車の去就が、少しずつ注目されることになりましょうか。

顔を揃えた1500形。左から1501F、1545F、1521F。

DSC_0968

                        新町検車区にて 2019(令和元)年5月
                       (通行可能時の、公道踏切から撮影しております)




プロフィール

Sin

ギャラリー
  • DE10牽引 E235系サロ甲種 (2020年8月)
  • DE10牽引 E235系サロ甲種 (2020年8月)
  • DE10牽引 E235系サロ甲種 (2020年8月)
  • DE10牽引 E235系サロ甲種 (2020年8月)
  • 駿河小山にて 73形電車とSSEあさぎり (1979年8月)
  • 駿河小山にて 73形電車とSSEあさぎり (1979年8月)
  • E235系試運転<F-01編成> (2020年8月)
  • E235系試運転<F-01編成> (2020年8月)
  • E235系試運転<F-01編成> (2020年8月)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ