Silence Express

ご訪問有難うございます。 1978年以降、何度かのブランクはありますが 撮り溜めてきた主に鉄道画像をアップしていきます。 旧ブログ(Yahoo!より移転)http://moonexpress.blog.jp/ 旧ブログの画像・記事を再掲・別使用することがあります。

京成本線

京成AE「スカイライナー」 <山本寛斎氏逝去>

CSC_0910

先頃運行開始10年を迎えたばかり、京成(2代目)AE形「スカイライナー」
(及び現行の京成線制服)をデザイン・プロデュースをされた
山本寛斎氏が逝去されました。
謹んで、哀悼の意を表します。

山本寛斎氏といえば、デヴィッド・ボウイとのかかわりや
国内外でど派手なイベントを仕掛ける方、と言った印象でしたが
鉄道車両のデザインを手掛けられることになるとは、正直驚きました。
DSCN0062 (2)

DSCN0081
                                    2010(平成22)年8月

                            

2011年ブルーリボン賞受賞記念ヘッドマーク
DSC_0936 - コピー
                                    2012(平成24)年3月

毎正月に運行される「成田山開運号」
CSC_0012 - コピー

DSC_0067 - コピー
                                    2017(平成28)年1月

CSC_0867 - コピー
                              (再掲)  2020(令和2)年1月
                                                
「成田山開運号」の装いは、まさに「伝統と革新」の融合であったかと。
いまは、スカイアクセス線開業10周年デザインのヘッドマークが描かれています。
是非、見ておきたいと思います。

世界で活躍されるなかで、「日本」を常に愛して居られたかと思います。
鉄道車両に於いても、その思いが詰まったであろう素晴らしい作品を残して頂き
本当に有難うございました。

(今月は拙ブログに何度もAE形を登場させながら、一度も山本寛斎氏のことに
触れなかったのは、片手落ちでありました・・・)。

”暫定帯”の京成3600形<3621> (1994年10月) 

京成3600形・3688Fが、同形就役時の「ファイアーオレンジ」帯に
復刻、8月から運行開始されることになったとのことで。

当時の画はないのですが、たった1カット
90年代にコーポレートカラー変更に伴う、側面上部のみ青帯に変更された
ものがありました。

img720 - コピー - コピー - コピー
                               京成高砂 1994(平成6)年10月

ハーフサイズの画から切り出しているので、画像の酷さはご容赦ください。
画像の<3621>は後に電動車化され、現在同形唯一のオールM4連の
3668Fの一員となっている車両ですね。

正面の青帯が無いと、東急8500系に似た感じに思えます。
復刻された3600形が、東急からやってくる8500系と
京成関屋と東武線の牛田での交差部で出会ったら、面白そうです。



40年前&10年前の京成 上野から「金町」行き (1980年/2010年)

10年前のスカイアクセス線開業に伴う踏切対策で、金町線高砂駅が高架化され
同線の列車は、すべて高砂~金町の線内運行のみとなりました。

上野から金町行きがあったころの画より。

旧3050形<3058> 判りづらいですが、塗装変更が進んでいた頃
前2両は、ファイアーオレンジ1色に改められています。
EPSON124
                               堀切菖蒲園 1980(昭和55)年

3300形<3349>
DSCN0137
                               京成上野 2010(平成22)年6月

3500形未更新車<3585>
DSCN0120
                               京成上野 2010(平成22)年6月

同<3593>
DSCN0111
                               京成関屋 2010(平成22)年6月


10年前の京成 新旧スカイライナー&ステッカー付3600形 (2010年7月)



DSCN0149 - コピー


10年前の7月17日、京成「成田スカイアクセス線」(成田空港線)が開業。
2代目AE形「スカイライナー」がデビューし、AE100形は本線経由で
残存した「シティライナー」として再出発しました。

2代目AE形初日、顔を合わせた新旧スカイライナー。

DSCN0152 - コピー

DSCN0154

DSCN0155


AE100形「シティライナー」は、翌年の東日本大震災後の節電ダイヤで長期運休
その後2015(平成27)年迄に定期列車は終了、AE100形は引退しました。
DSCN0161

                                  以上 京成上野にて

同日見かけた、3600形3638F
「成田スカイアクセス線開業」のステッカー。

DSCN00191


DSCN00171

                            青砥にて 以上2010(平成22)年7月





                                        



                                                         







       
                   



10年前の京成 AE100形「イブニングライナー」と3600形「快速特急」(2010年7月)

スカイアクセス線開業と、二代目AE形導入直前の京成AE100形。
朝夕のライナー運用も、AE形にバトンを渡すことになっており
最後の姿を見送っています。

前年、下り線が高架化された日暮里駅に入線するAE100形「イブニングライナー」
DSCN0171

「イブニングライナー」サボ。
画像のAE168を含む、AE108編成はスカイアクセス線開業と共に廃車。
DSCN0173


DSCN0178 - コピー

「イブニングライナー」の1本前に、最近去就が注目?されている
3600形の快速特急 成田空港行きがやってきていました。
DSCN0162

この3678Fは、昨年廃車となっているとのことです。
DSCN0164
 
                                以上 2010(平成22)年7月




プロフィール

Sin

ギャラリー
  • DE10牽引 E235系サロ甲種 (2020年8月)
  • DE10牽引 E235系サロ甲種 (2020年8月)
  • DE10牽引 E235系サロ甲種 (2020年8月)
  • DE10牽引 E235系サロ甲種 (2020年8月)
  • 駿河小山にて 73形電車とSSEあさぎり (1979年8月)
  • 駿河小山にて 73形電車とSSEあさぎり (1979年8月)
  • E235系試運転<F-01編成> (2020年8月)
  • E235系試運転<F-01編成> (2020年8月)
  • E235系試運転<F-01編成> (2020年8月)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ