Silence Express

ご訪問有難うございます。 1978年以降、何度かのブランクはありますが 撮り溜めてきた主に鉄道画像をアップしていきます。 旧ブログ(Yahoo!より移転)http://moonexpress.blog.jp/ 旧ブログの画像・記事を再掲・別使用することがあります。

京成AE形

京成AE形<AE3編成>スカイアクセス線10周年ヘッドマーク (2020年8月)



CSC_0378

京成AE形「スカイライナー」<AE3編成>に描かれた、故山本寛斎氏デザインの
成田スカイアクセス線開業10周年ヘッドマーク。ようやく、目にすることが出来ました。

いままでも色々なヘッドマークを見せてきた、前照灯下スペースは
あくまでも推測ですが、予め自由にデザインを描くキャンバスという考えを
デザイナーはお持ちだったのか、と思ったりしました。

タイミングが合えば、スカイアクセス線内でも撮ってみたいです。

CSC_0220

側面のステッカー。
DSC_0214

                          新三河島・青砥にて 2020(令和2)年8月

京成3600形 <3688F> (2020年/2017年/2015年)

CSC_0356
                                          京成関屋

京成3600形・3688Fが同形登場時の「ファイアーオレンジ」帯一色に
戻されて2週間、県外での行動にやや躊躇しつつも過日見てきました。
千葉線・千原線主体の運用の日でしたので、「おでかけきっぷ」を活用しつつ
何回か撮りました。

千葉線・ちはら台行き普通列車。
CSC_0253
                                         幕張本郷
千葉線・津田沼行き普通列車
CSC_0254
                                      京成稲毛~検見川

DSC_0236
                            検見川  (通行可能時の踏切より) 
                                以上 2020(令和2)年8月

少し前までは意識しないほど、京成に乗れば3600形に遭遇していたように
思いますが、いつの間にかこの編成と時折特殊用途にも使われる
金町線専業の4連の2本のみとなってしまったとは。

以下、8連・赤青帯時代の3688Fの記録をいくつか・・・

西馬込行き快速運用に入った3688F。
DSC_0810 - コピー
                          江戸川~小岩にて 2017(平成29)年10月
                      
成田空港発上野行き特急列車。
CSC_0701 - コピー
                           佐倉~臼井にて 2015(平成27)年11月

定期運行終了間近のAE100形と並んだ3688F。
DSC_0772 - コピー
                            京成成田にて 2015(平成27)年11月









 

京成AE「スカイライナー」 <山本寛斎氏逝去>

CSC_0910

先頃運行開始10年を迎えたばかり、京成(2代目)AE形「スカイライナー」
(及び現行の京成線制服)をデザイン・プロデュースをされた
山本寛斎氏が逝去されました。
謹んで、哀悼の意を表します。

山本寛斎氏といえば、デヴィッド・ボウイとのかかわりや
国内外でど派手なイベントを仕掛ける方、と言った印象でしたが
鉄道車両のデザインを手掛けられることになるとは、正直驚きました。
DSCN0062 (2)

DSCN0081
                                    2010(平成22)年8月

                            

2011年ブルーリボン賞受賞記念ヘッドマーク
DSC_0936 - コピー
                                    2012(平成24)年3月

毎正月に運行される「成田山開運号」
CSC_0012 - コピー

DSC_0067 - コピー
                                    2017(平成28)年1月

CSC_0867 - コピー
                              (再掲)  2020(令和2)年1月
                                                
「成田山開運号」の装いは、まさに「伝統と革新」の融合であったかと。
いまは、スカイアクセス線開業10周年デザインのヘッドマークが描かれています。
是非、見ておきたいと思います。

世界で活躍されるなかで、「日本」を常に愛して居られたかと思います。
鉄道車両に於いても、その思いが詰まったであろう素晴らしい作品を残して頂き
本当に有難うございました。

(今月は拙ブログに何度もAE形を登場させながら、一度も山本寛斎氏のことに
触れなかったのは、片手落ちでありました・・・)。

10年前の京成 成田湯川駅にて (2010年8月)

2010(平成22)年8月、京成・成田スカイアクセス線開業間もない頃
新規開業区間唯一の新設駅、成田湯川駅へ訪問しました。
間近で、スカイライナー160km/hの走りを見てみたかったこともありました。

この時は、空港までへ行くと航空機の写真を撮りたくなる
ということもあり、あえてここで上野方面へ折り返しています。

真新しい駅、軌道に真新しい電車。
3050形アクセス特急成田空港行き入線。
DSCN0085 (2)

スピード感まるきりゼロの画ですが・・・
轟音と共に、AE形スカイライナー通過。
DSCN0088

「AE 160」の速度制限票と発車していくアクセス特急 
DSCN0090

成田空港から戻ってきた、京急600形トップナンバーアクセス特急羽田空港行き。
前面表示は幕の時代。
DSCN0035

上野行きスカイライナー通過。
そういえば、スカイアクセス10周年で先日からAEにも記念ヘッドマーク編成があるのですね。
見たいところですが・・・。
DSCN0042

イレギュラー?3000形トップナンバーのアクセス特急。
DSCN0093

成田湯川駅舎 JR成田線支線のE231系が走っていきました(下総松崎~成田間)。
JRに駅がない・・・は、10年経った現在でも同じ。ここは大人の事情、となりましょうが
将来的にはどうなのか。
DSCN0053 (2)

駅の運賃表。距離もありますが、隣駅までも440円、500円。消費税5%の頃です。
東成田駅へ電車で行こうと思えば、空港第2ビルそして京成成田経由・・・・。
DSCN0057

                                 以上 2010(平成22)年8月



10年前の京成 新旧スカイライナー&ステッカー付3600形 (2010年7月)



DSCN0149 - コピー


10年前の7月17日、京成「成田スカイアクセス線」(成田空港線)が開業。
2代目AE形「スカイライナー」がデビューし、AE100形は本線経由で
残存した「シティライナー」として再出発しました。

2代目AE形初日、顔を合わせた新旧スカイライナー。

DSCN0152 - コピー

DSCN0154

DSCN0155


AE100形「シティライナー」は、翌年の東日本大震災後の節電ダイヤで長期運休
その後2015(平成27)年迄に定期列車は終了、AE100形は引退しました。
DSCN0161

                                  以上 京成上野にて

同日見かけた、3600形3638F
「成田スカイアクセス線開業」のステッカー。

DSCN00191


DSCN00171

                            青砥にて 以上2010(平成22)年7月





                                        



                                                         







       
                   



プロフィール

Sin

ギャラリー
  • 東武特急 リバイバルとか
  • 東武特急 リバイバルとか
  • 東武特急 リバイバルとか
  • 東武特急 リバイバルとか
  • 東武川越工場の廃車体と、デビュー直後の9000系他 当時の東上線電車 (1982年1月)
  • 東武川越工場の廃車体と、デビュー直後の9000系他 当時の東上線電車 (1982年1月)
  • 東武川越工場の廃車体と、デビュー直後の9000系他 当時の東上線電車 (1982年1月)
  • 東武川越工場の廃車体と、デビュー直後の9000系他 当時の東上線電車 (1982年1月)
  • 東武川越工場の廃車体と、デビュー直後の9000系他 当時の東上線電車 (1982年1月)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ