Silence Express

ご訪問有難うございます。 1978年以降、何度かのブランクはありますが 撮り溜めてきた主に鉄道画像をアップしていきます。 旧ブログ(Yahoo!より移転)http://moonexpress.blog.jp/ 旧ブログの画像・記事を再掲・別使用することがあります。

小田急7000形

同じ場所から見送った、小田急7000形一番列車と最終列車 (1980年/2018年)

40年前の12月27日、新宿駅を発車して一路箱根湯本へ向かう
7000形LSEの一番列車、特急「はこね」です。
正確には失念しましたが、確か12時か12時30分発くらいではなかったかと
思います。

新宿~南新宿間の跨線橋の上から見送りました。
地下ホームは改修工事中で、線路が途切れていました。

LSE-1 - コピー


LSE-2 - コピー (2)


そして2年前の10月、団臨として運行された最後の新宿から7000形。
夏に定期運行を終えてからは、色々な形で惜別の企画で走りました。
同じ場所から、その雄姿を見送りました。

DSC_0522 - コピー

DSC_0524 - コピー

個人的は、40周年を迎えて引退して欲しかったと思いますが
2020年の現実では、突然の退き方になったかも知れません。
その意味ではいい時期に引退を迎えた、と言うことになるでしょうか。

先頭車1両だけになってしまいましたが、ロマンスカーミュージアムが開館したら
再会に訪れたいものと思います。

「21世紀へ、快速」小田急7000形LSE 運行開始ポスター (1980年12月)

一昨年引退した、小田急7000形LSEがデビューしたのは
ちょうど40年前の1980(昭和55)年12月27日でした。

以前のブログでも載せたものですが、運行開始にあたって
掲出されたポスター。

img946 - コピー

当時は実感なかったですが、いま振り返れば
「21世紀」が視野に入りだした頃、18年ぶりの新形特急ロマンスカーへの
期待度を感じさせるものだったと思います。

小田急 ロマンスカーLSEと1000形<1081F> (2016年10月)

この8月は、小田急線で「赤い」1000形(箱根登山色・レーティッシュカラー)で
楽しませて頂きました。

その少し前の7月に、1000形唯一の8両編成<1081F>が
中間車の一部を脱車したうえで、廃車になった話題がありました。
偶々ファイルを見ていたら、7000形LSEと離合する1081Fの画像が出てきたので
載せておきたいと思います。

7000形<7004F>特急「はこね」と、新宿行き各停<1081F>
CSC_0330

特急通過後、編成写真を。
DSC_0212
                           読売ランド前 2016(平成28)年10月

今回の廃車は例外的な事象らしく、元ワイドドア車を除くと更新工事が
進むそうですが、デビュー当時を少し知る者としては
1000形もベテランの域に入ってきた、と実感させられました。 




大船にて「試運転」1982年と2019年

年末、E261系が連日のように東海道線で試運転を行っていて
思い出したのは・・・

37年前の1982(昭和57)年12月、国鉄に貸し出され熱海~大船間で
走行試験を行った小田急7000形LSE(7002F)のことでした。
名目は全く違いますが。

折り返しの大船にて。
1982-12 ofuna 005


そして、2019(令和元)年12月、連日の試運転の途上
小休止するE261系(RS1編成)。
CSC_0907


同じ場所のように見えますが
LSEは6番線、E261は4番線停車中の画です。

LSEが引退してから、1年が経過しました。もう少し現役を続けられたら
小田原で、両者が一瞬でも出会うことが出来たかも知れないですね。



プロフィール

Sin

ギャラリー
  • 103系1000番台 常磐緩行線時代 (1980年頃)
  • 和歌山の105系電車 (1986年1月)
  • 和歌山の105系電車 (1986年1月)
  • 485系特急「ひばり」 (1982年)
  • 485系特急「ひばり」 (1982年)
  • 485系特急「ひばり」 (1982年)
  • 誕生四半世紀<EF210-901>
  • 誕生四半世紀<EF210-901>
  • 誕生四半世紀<EF210-901>
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ