Silence Express

ご訪問有難うございます。 1978年以降、何度かのブランクはありますが 撮り溜めてきた主に鉄道画像をアップしていきます。 旧ブログ(Yahoo!より移転)http://moonexpress.blog.jp/ 旧ブログの画像・記事を再掲・別使用することがあります。

東武8000系

東武東上線 全通95年 <小川町~寄居間開通>

偶々検索をしていたら、昨日7月10日は
東武東上線・小川町~寄居間が開通して95年になるそうです(1925<大正14>年)。
これにより、池袋~寄居間75kmが全通したことになります。

既に昭和50年代には、休日の秩父鉄道直通特急など
一部列車を除き小川町で系統分割されていました(6連迄しか入線できないため)

寄居駅にて、小川町~寄居区間運転の7300系電車。
EPSON030 - コピー
                                    1983(昭和58)年6月
現在は8000系電車ワンマン4連が、同区間を走る。
画像の81107Fは、現在はツートンの旧標準塗装に復刻されています。
DSC_0101 - コピー
                                    2014(平成26)年8月

        寄居駅名標 
DSC_0104 - コピー
                                    2014(平成26)年8月

昭和50年代、数少ないながらも運行されていた
寄居~池袋間の直通列車
8000系急行(寄居発池袋行き)
img048 - コピー

7300系普通列車(同)
img051 - コピー
                             下板橋   1981(昭和56)年7月

東上線は、周知の方も多いと思いますが線名が表すように
本来は東京と上州(上野国)・渋川を繋ぐ路線として計画されたものでした。
更には上越国境を越え、長岡までの壮大な構想もあったと聞きます。
残念ながら、寄居以北は国鉄八高線との計画と重なることとなり
最終的には寄居迄で全通となりました。国策も絡んでいたのでしょう。
もし、東上線が高崎や渋川まで繋がっていたとしたら
高崎線との競合路線となり、もう1本の東京都内~高崎間の幹線として観光・ビジネスに対応した
各種列車が走ることとなったかも知れません。現代では時間的には、新幹線に敵いませんが・・・。

                                   

栃木駅にて 東武10000系 (2016年/2017年)

6月6日の東武ダイヤ改正の際、宇都宮線から日光線新栃木~南栗橋間へ
20400系ワンマン列車が直通することで、同区間で運転されていた
10000(10030)系4連の普通列車の運用が終了しました。

栃木駅に於ける10000系電車です。

8000系時代の宇都宮線列車と並ぶ、南栗橋行き10000系<クハ11461>
DSC_0176 - コピー
                                    2016(平成28)年5月

栃木駅に入線する、新栃木行き<クハ14451>
DSC_0396 - コピー
                                    2017(平成29)年5月

ダブルパンタのモハ11204を先頭にした、南栗橋行き。
DSC_0405 - コピー
                                    2017(平成29)年5月

東武伊勢崎線準急「伊勢崎」行き (1983年/1981年/2006年)

来月の東武線ダイヤ改正で、僅かに残っていた伊勢崎線・浅草~太田直通の
一般列車(区間急行・区間準急)が取り止めになるとのことで、最遠でも
館林折り返しとなるようです。

2006(平成18)年迄は、伊勢崎線を全線”走破”する
浅草~伊勢崎間の準急列車も運行されていました。
        
7800系電車
img879 - コピー
                               太田にて 1983(昭和58)年6月

8000系電車
img163 - コピー (2)
                              鐘ヶ淵にて 1981(昭和56)年7月

10000(10030)系電車 <クハ11655>
画像 004
                               館林にて 2006(平成18)年3月

4ドアロングシート車ではありましたが、「太田」「伊勢崎」或いは
日光線方面の「新栃木」「東武宇都宮」など・・・ターミナル浅草から
”長距離準急”が多数運行されていた時代も、だんだん遠くなりつつありますね。






スカイツリーを後に<東武8111F>  (2012年8月) 

8年前の2012(平成24)年のきょうは、東京スカイツリーが開業した日とのこと。

同じ年の夏、最後まで原形顔で残った(前年に東上線定期運用から離脱)
東武8000系8111Fが動態保存の形で東武博物館に移籍、デビュー当初から昭和40年代の
ツートンカラーに復刻、北春日部に配置されました。

その直後、とうきょうスカイツリー~大宮間で運行された
同編成による臨電です。一応スカイツリーを遠望するかたちで。

DSC_0444 - コピー
                             鐘ヶ淵~堀切 2012(平成24)年8月
                  
昭和50年代後半、東上線を利用していた頃の8000系は既にセイジクリーム塗装だったので
このカラーを見たのは初めてでした。
この編成は現在、そのセイジクリームに装いを改めました。未だ見れぬままですが・・・。

東武東上線7800系・8000系@川越 (1981年)

1981(昭和56)年頃、東武東上線・川越駅を発車する
7800系電車池袋行きです。
EPSON579 - コピー


EPSON580 - コピー

当時東上線では、7300系+7800系の6連が多かった記憶がありますが
この列車は7800系のみの8連。当時運用などは全く判らなかったので
常時見られたかどうかははっきりしませんが・・・。
いまから思えば、この系列が池袋まで顔を出していた末期の頃ではありました。
1983(昭和58)年就役のステンレスの10000系と交代で
7800系は姿を消した(5000系列への車体更新)かと思いますが、殆ど騒がれることなく
いつしか居なくなっていた印象です。



こちらは8000系電車の準急の池袋行き。
EPSON026 - コピー


EPSON027 - コピー

私鉄の103系と呼ばれた8000系、この当時の東上線では
文字通り主役でした。
現在動態保存の8111Fに施されている、セイジクリームの塗装の
全盛期でもありましたが、当時は物足りなく感じたものでした。

いまでは巨大な橋上駅舎となった川越駅、この頃は国鉄川越線と共同使用駅で
小さな木造駅舎でした。
3枚目の画像の8000系の背後には、旧塗装時期の東武バスの姿も見えます。
「三井銀行」や「ローンズワールド」の看板も時代か・・・(^^;







プロフィール

Sin

ギャラリー
  • 中央東線のクモニ83形800番台 (1981年1月)
  • 西のキハ82形より。(1978年3月)
  • 西のキハ82形より。(1978年3月)
  • 北海道のキハ82より。(1983年3月)
  • 北海道のキハ82より。(1983年3月)
  • 夜の海坊主  <クモユニ81003> (1981年1月)
  • 夜の海坊主  <クモユニ81003> (1981年1月)
  • 国鉄時代のEF81より (1982年)
  • 国鉄時代のEF81より (1982年)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ