Silence Express

ご訪問有難うございます。 1978年以降、何度かのブランクはありますが 撮り溜めてきた主に鉄道画像をアップしていきます。 旧ブログ(Yahoo!より移転)http://moonexpress.blog.jp/ 旧ブログの画像・記事を再掲・別使用することがあります。

石北本線

”スラントノーズ”&”白坊主” 特急「オホーツク」出庫 (2013年10月)

DSC_0316

白煙と轟音を奏でつつ、苗穂運転所を出庫
札幌駅へ回送され、特急「オホーツク3号」となるキハ183系です。
ちょうど7年前2013(平成25)年のきょう、この光景を眺めていました。

スラントノーズのキハ183-215、そしてキロハ182形・・・と続きます。
DSC_0320

最後部(回送時)は白坊主ことキハ183-104でした。
検査からあまり経過していなかったのでしょうか、比較的綺麗な姿でした。
DSC_0322

朝9時41分発「オホーツク3号」も、2017(平成29)年からは
旭川発の「大雪1号」へと変化。
その「大雪」も、来春に予定されるJR北海道ダイヤ改正
特急列車見直しの一環で、年間50日程運行日が間引かれる
臨時列車化の方向で進んでいるようです。

スラントノーズも「白坊主」も、そして平屋グリーン車も既に過去の存在に・・・。





北海道のキハ82より。(1983年3月)

8月2日ということで、80系特急形気動車の先頭を飾ったキハ82形。

1983(昭和58)年、初めて北海道へ渡った際にお目にかかった特急「北斗」。

img674
                                          函館にて

北海道で乗れた、数少ない80系は「おおとり」。
当時の北海道最長距離特急だというのに、乗車区間は
「エアポートシャトルきっぷ」を使った札幌~千歳空港(現:南千歳)の
1区間という・・・。
記事3 004 - コピー (2)
                                千歳空港(現:南千歳)にて 

翌年、特急「北海」で食堂車体験も含めた乗車が出来ましたが
「おおぞら」「オホーツク」は、撮るどころか未見で終わりました。

プロフィール

Sin

ギャラリー
  • 和歌山の105系電車 (1986年1月)
  • 和歌山の105系電車 (1986年1月)
  • 485系特急「ひばり」 (1982年)
  • 485系特急「ひばり」 (1982年)
  • 485系特急「ひばり」 (1982年)
  • 誕生四半世紀<EF210-901>
  • 誕生四半世紀<EF210-901>
  • 誕生四半世紀<EF210-901>
  • 10日夕刻の貨物列車より。(2021年4月)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ