Silence Express

ご訪問有難うございます。 1978年以降、何度かのブランクはありますが 撮り溜めてきた主に鉄道画像をアップしていきます。 旧ブログ(Yahoo!より移転)http://moonexpress.blog.jp/ 旧ブログの画像・記事を再掲・別使用することがあります。

箱根登山モハ1形

箱根登山鉄道 全線運行再開 

昨年の台風19号による被害で不通となっていた、箱根登山鉄道
箱根湯本~強羅間が本日運転再開となりました。
関係者のご尽力や、復旧工事に対する地元の協力も大きかったようで
予想よりも3か月程早い開通となりました。
おめでとうございます。

画像は台風前の昨夏、吊り掛け駆動車引退の折に撮った
モハ1・2形です。
「(マル)試」の表示板を掲げた、試運転列車を一度は撮りに行きたかったですが
タイミングも悪く昨今の情勢もあるしで、結局足を向ける機会は無いままでした。

CSC_0128


CSC_0127

                               大平台 2019(令和元)年6月


箱根登山モハ103+107「回送」(2008年)

こんにちは。

箱根登山鉄道のモハ1形・103+107は昨日迄だったとのことで・・・
姿変われど、大正から令和に至るまでの長い間の山登り、本当にお疲れ様でした。

私は「ラストラン」という表現は元々好きでなく、特に同車のような
歴史の長い車両には、掲げられていた行先板の「最終運行」の表現が
好ましく感じました。

偉そうなことを言っていますが、殆ど撮ることが出来なかった
(しなかった、と言った方が良さそうですが)同車
以前、入生田の車庫へ回送されていく画がありました。

箱根湯本にて、強羅行きモハ104と顔を並べたモハ103
嘗ては多くの私鉄で用意されていたであろう、「回」表示板も
目にする機会は少なくなったでしょうか。
DSCN0215

箱根湯本から入生田へ帰る103+107 ブレ画ですがご容赦下さい。
DSCN00371

同 もうこの頃は小田原発着は無くなっていたので、この区間では回送しか
見られなくなっていました。
DSCN00381

                               2008(平成20)年3月
きょうは、最後のイベントとのこと・・・107号は某蒲鉾店で展示されるそうですね。
「ツリカケ」は引退ですが、残るモハ1・2形が少しでも長く走れますように。

7月引退・箱根登山鉄道103+107号 (2019年6月)

こんばんは。

長年の箱根登山鉄道の「顔」である、モハ1形。
7月で引退が決まった、最後まで吊り掛け駆動で残る
103+107号に、少しだけ乗り撮りしてきました。
既に、行先表示板は特製のものとなり、ステッカーも貼られた姿と
なっていました。もう少し前に行っておくべきでしたが・・・(汗

夕方も近い時間だったので、途中の大平台までの往復でしたが
それでも、急勾配そしてトンネルに響き渡る吊り掛けの音色を
暫し堪能してきました。

塔ノ沢駅に到着する、モハ2形・108号を従えた3連。
DSC_0049



強羅から下り、太平台駅に入線する。
CSC_0194


箱根湯本から、再び山へ向かう。
DSC_0178



特製の”ツリカケ”行先板。「ラストラン」でなく、「最終運行」と表記されているのが好ましい
(側面のステッカーは「LAST RUN」でしたが)
CSC_0271

                                   2019(令和元)年6月

プロフィール

Sin

ギャラリー
  • 中央東線のクモニ83形800番台 (1981年1月)
  • 西のキハ82形より。(1978年3月)
  • 西のキハ82形より。(1978年3月)
  • 北海道のキハ82より。(1983年3月)
  • 北海道のキハ82より。(1983年3月)
  • 夜の海坊主  <クモユニ81003> (1981年1月)
  • 夜の海坊主  <クモユニ81003> (1981年1月)
  • 国鉄時代のEF81より (1982年)
  • 国鉄時代のEF81より (1982年)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ