Silence Express

ご訪問有難うございます。 1978年以降、何度かのブランクはありますが 撮り溜めてきた主に鉄道画像をアップしていきます。 旧ブログ(Yahoo!より移転)http://moonexpress.blog.jp/ 旧ブログの画像・記事を再掲・別使用することがあります。

近鉄大阪線

お疲れ様でした、近鉄12200系。

長年、近鉄特急にはなくてはならない存在であり続けた
「スナックカー」こと、12200系電車の定期運行が本日で終了したとのことです。
485系電車とほぼ同時代に製造された同系、赤いモケットのリクライニングシートの車内は
当時の国鉄の特急(普通車)が安っぽく見えるほど豪華に見えたものです。

画像は1984(昭和59)年1月、名古屋~大阪難波で乗車した
ノンストップ特急(甲特急)の12200系です。名古屋発車前。
img978 - コピー (2)

この時乗車したのは「ク12356」でしたが、何度かお召し列車にも充当され
1975(昭和50)年には、英国のエリザベス女王もお乗りになられました。
令和3年、最後まで残った車両の一員でもあるようです。
12200系に乗ったのは、この時が最後だったと思います。数を減らしつつも
まだまだ健在、と思っているうちにこの1年で急速に淘汰が進んでしまいました。

最後見送ることは叶いませんでしたが、51年間お疲れ様でした。


近鉄11400系「名阪ノンストップ」 (1982年)

近鉄の「名阪甲特急」が、2月13日よりすべて80000系「ひのとり」に
統一されるとのこと・・・「乙特急」のアーバンライナー21000系統一と合わせて
あっという間に変化ですね。スナックカー12200系も風前の灯、最後に会いに
行けそうにはないです。

11400 - コピー - コピー - コピー

画像は、スナックカーの前世代「新エースカー」11400系が
運用に入ったこともある名阪甲特急です。1982(昭和57)年頃、鶴橋にて。
当時は(大阪)鶴橋~近鉄名古屋間ノンストップ、10100系ビスタカーも
装着したであろう「名阪ノンストップ」の表示板を付けていました。


行き交うスナックカー (1982年頃)

166両の最大勢力を誇った近鉄特急12200系電車、去る11月21日の
特急列車運用変更によって、4連×3編成まで縮小されたとのこと(団体専用改造車を除く)。

img121

夕刻の酷い画で恐縮ですが・・・
大阪・鶴橋駅東方で離合する、12200系。
昭和40年代後半~昭和50年代ではごく当たり前、見飽きる程の光景だったのかも。

半世紀以上の活躍も、間もなく見納めですね。


近鉄8000系アルミ試作車と2610系トップナンバー<モ8569・モ2611> (1981年)

鶴橋にて顔を合わせた、近鉄奈良線8000系アルミカー試作車と
大阪線4ドアクロスシート急行車、2610系のトップナンバー。

img586
                                    1981(昭和56)年3月

アルミ試作車は、角ばった車体が特徴。2005(平成17)年に廃車になったようですが・・・。
2610系は現在も全車健在、画像の2611はロングシート化されたそうですが
系列内ではL/Cカーに改造された車両も存在します。画像では国分行き普通列車の
運用に入っていますが、長距離急行の間合い運用かと思われます。

地味には感じますが、マルーン一色塗装時代の近鉄通勤車は落ち着きを感じます。


”初代”スナックカー&ビスタⅢ世<近鉄12000系+30000系> (1981年)

鶴橋に入線する、近鉄12000系と30000系併結編成。
高安或いは東花園から難波へ回送、折返し営業運転に入る途上だったのでしょう。

パンタ上部が切れてしまいましたが・・・大阪方の12000系。
乗務員室後ろの「Snack Car」のエンブレムを、きっちりと記録しておきたかったです。
img743

名古屋・伊勢方の30000系ビスタカー(ビスタⅢ世)。子供たちが「ビスタカーや!」といった
風情で眺めているでしょうか。
img744
                                  1981(昭和56)年3月

新幹線に客を奪われた、名阪特急の挽回策もあってデビューした
12000系は12200系へと発展を遂げ、1967(昭和42)年製造の10編成20両で
終わりました。名阪ノンストップ特急が、2両編成でも苦戦を強いられた時期でした。
仲間4両が、昭和40年代の2回の大事故で失われて少々不運でしたが・・・
引退して、この8月で早くも20年となったそうです。
30000系は2度の更新で、すっかり装いも改まってしまいましたが
デビュー40年を経ても、未だに人気は高いようですね。いつかまた
この当時のカラーの装いと、中間車の「V」カットラインが”復刻”しないか・・・と
妄想しております(その時は引退の頃、となりましょうが)。
プロフィール

Sin

ギャラリー
  • 和歌山の105系電車 (1986年1月)
  • 和歌山の105系電車 (1986年1月)
  • 485系特急「ひばり」 (1982年)
  • 485系特急「ひばり」 (1982年)
  • 485系特急「ひばり」 (1982年)
  • 誕生四半世紀<EF210-901>
  • 誕生四半世紀<EF210-901>
  • 誕生四半世紀<EF210-901>
  • 10日夕刻の貨物列車より。(2021年4月)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ