Silence Express

ご訪問有難うございます。 1978年以降、何度かのブランクはありますが 撮り溜めてきた主に鉄道画像をアップしていきます。 旧ブログ(Yahoo!より移転)http://moonexpress.blog.jp/ 旧ブログの画像・記事を再掲・別使用することがあります。

185系

有楽町と新幹線の変遷を眺めて<185系電車> (1981年/2017年)

早いもので、185系電車が勇退してから1ヶ月近くになろうとしています。
振り返れば40年前の今頃は、営業運転がスタートしたばかりでした。

1981(昭和56)年、急行「伊豆」として東京駅を出発し有楽町に
差し掛かる185系電車です。背後には、東京駅に入る新幹線0系電車の姿。
img105


37年後の2017(平成29)年、N700系電車を見上げつつ
同じ地点を通過して行く特急「踊り子」。
185系は、0系からN700(N700S)系まで、東京駅を出入りする
東海道新幹線の変遷も眺めてきました。
DSC_0200

嘗ては都庁の分庁舎だった、白いビルディングは健在ですが
周囲は高層建築の姿が目に入るようになったようです。
DSC_0201


走り去る急行「伊豆」。有楽町の再開発で、背後にあったはずの日本劇場が
解体された頃だったと思います。
img104

日本劇場跡に建った「マリオン」と、その後の再開発で出現した「イトシア」が
要塞のように立ちはだかる風景を横目に、一路伊豆へ向かう「踊り子」。
CSC_0215


デビュー時の185系より<運転開始40年>(1981年)

40年前、1981(昭和56)年3月26日は
185系電車が営業運転を開始した日とされています。

2週間前に定期運用を終えた185系、もう少し長らえることが出来れば
ピッタリ40年を迎えられたのですが・・・と言っても仕方ありませんが。

デビュー当時の画像より2枚。
185系の最初の列車は、普通列車だったとのことで・・・
浜松町を通過する、普通列車東京行き。
img103 - コピー

先日長野へ送られた<A3編成>。大船を後にする急行「伊豆」。
2012-10-09 005 - コピー










東海道線(東京口)113系引退の頃 (2005年12月)

VFTS0085 - コピー

15年前の2006(平成18)年3月のダイヤ改正では、111系の時代も含めると
44年間運用された113系電車が、東海道線東京口の快速及び普通列車から撤退しました。

最終日近い頃には、お別れヘッドマークを付けていましたが
その時の画像が見当たらないので、前年末頃にサロ110の乗り納めを兼ねて
東京駅で撮ったスナップより。当時の携帯で撮ったものですが。

185系特急「踊り子」と並んで。
VFTS0084 - コピー

153系から置換える際、全て185系ではなく113系2000番台も
新製投入されていました。東海道から撤退後、幕張へ移り最後の113系の
グループとなりましたが、それも姿を消して久しくなります。

乗車したサロ110形1200番台(サロ110-1287)。
VFTS0086 - コピー

VFTS0083 - コピー

VFTS0082 - コピー

サロ110-1200番台は、183系以降の特急普通車のシートとほぼ同じ
あの”悪評高き”簡易リクライニングシートの色違い。
最後の、赤いモケットのグリーン車となりました。



EF200-2号機と185系電車 (2016年5月)

運用終了、引退後に京都の鉄道博物館で展示されたり
最近は「マスク掛け」で話題になっていた?吹田に残っていた
EF200-2号機が解体されたそうで。

2016(平成28)年5月、集約臨回送の
185系電車「B2」編成の側を通過する、EF200-2号機牽引
貨物列車(1154レ)です。
B2編成は、既に2018(平成30)年に廃車となっています。

CSC_0360

CSC_0368

                               大船(相模貨物~横浜羽沢)にて 






185系ファーストショット<運行開始3日目・153系と共に> (1981年3月)

img087

昨日、185系電車は「踊り子」「湘南ライナー」の定期営業運行を終了しました。

運行開始したのは、ちょうど40年前の1981(昭和56)年3月26日
普通列車の運用から始まったとのことです。

ネガのメモによると、その翌々日の28日に私は東京駅へ行ってみて
185系と”初対面”を果たしました。
当時は運用など知る由もないので、あてずっぽうに行って偶々出会えたというところです。

付属編成15号車を先頭に、当時の10番線に入線してきた真っ白なボディに
「おおっ」となったのですが、11号車と10号車の連結部分を見て153系との
混結の運用と初めて知りました。
あとで考えてみれば、基本と付属はそれぞれの運用で
回しているわけで、一斉に取り替えない限りはそうならざるを得なかった
と言うことですね。今なら色々情報収集出来ますが・・・。
駅などで告知が出ていたのか、その辺りは不明です。

img086

ヘッドマークにはデカデカと「急行 伊豆」。
某wikiによると、急行使用はこの28日からと記載があったので
もしかしてその”一番列車”だったのか??
img085

春休みの真っ只中でしたが、私の周りで撮影している人は目に入りませんでした。
皆無ではなかったと思いますが・・・とにかく静かな初対面だったことは
鮮明に記憶しています。もっとも、既に当時の鉄道好きの間での悪評価は
始まっていたはずなので、わざわざ見に行った私が変わり者だったのかも知れませんが(^^;

12番線に153系が入線して、入れ替わるように発車して行きました。
初見にして、新旧のツーショットが撮れました。
img088

153系の神戸方は低運のクハでした。
img089


既に秋からの特急統合は決まっていて、確か愛称公募があり
私は思いつかないので、「あまぎ」で出した記憶があります。当時運用されていた
183系1000番台よりも、185系の方が「あまぎ」のヘッドマークデザインが似合うように
いまとなっても思います。

185系電車、私にとってはリアルタイムでデビューから
実質の引退までをこの目にした数少ない国鉄形車両です。
ずっと追いかけていたわけではないですが、ここ15年程彼らが往来する
地域に住む縁が出来たことで、偶に「湘南ライナー」で
お世話になるくらいながらも、身近に感じていた車両にもなっていました。
ほんの数年前までは485系や183系も健在で、185系なんて・・・という空気が
支配していたように感じますが、私は決して蔑んだ目では見ずにその働きを
黙々と眺めていたつもりです。
本当に40年間、頑張ってお疲れ様、という気持ちでいまは一杯です。




プロフィール

Sin

ギャラリー
  • 103系1000番台 常磐緩行線時代 (1980年頃)
  • 和歌山の105系電車 (1986年1月)
  • 和歌山の105系電車 (1986年1月)
  • 485系特急「ひばり」 (1982年)
  • 485系特急「ひばり」 (1982年)
  • 485系特急「ひばり」 (1982年)
  • 誕生四半世紀<EF210-901>
  • 誕生四半世紀<EF210-901>
  • 誕生四半世紀<EF210-901>
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ